為替コラム(約定力は大事!) | トレードレシピ

メールでの無料相談はこちら

ホームFXトレードトレードプレスやさしいマネー講座その他 有益情報
ホームFXトレード > 為替コラム(約定力は大事!)

為替コラム(約定力は大事!)

約定力 重要 FX
【2015年6月12日】
FX取引をされるお客様でスプレッドを気にする方は多くいらっしゃいます。
しかし、注文するとそのレートで成立しない事ってありますよね。
このコラムでは、注文を発注する際に重要な二つの要素を検証したいと思います。
その一つは「スプレッド」、そしてもう一つは「約定力」です。

スプレッド 売値と買値の差最近のFX会社の傾向ですが取引手数料を無料にしている代わりにスプレッド(買値と売値の差のこと)を設定して手数料を徴収しているパターンがほとんどです。
ということで、取引されるお客様が気にされるのはこのスプレッドである事は間違いないですね。

しかし、スプレッドが狭い方がよりお得という結論になるかというとそうではないですよね…

スプレッドが狭いなら計算上ではコストが少なくて済むのですが、実際にはFX会社の約定力次第で設定されているスプレッド以上の取引手数料を支払うことが良くみられます。

ここでは、スプレッドと約定力のどちらに重要度を置いたらいいのか検証してみます。
【スリッページについて】
FXの世界では、このスリッページというものが存在します。
英語で書くと「slippage(ずれ)」という意味になり、金融界では、「価格差」という約が適しています。

スリッページこれは、注文した時に価格と約定価格がずれてしまい、不利な為替レートで購入する現象のことを指します。

具体的に言うのであれば、FXの取引画面でレートとチャートお見ながら「123.225円だから買う!」と即座にクリックしたところクリックした瞬間は「123.225円」だったにも関わらず実際に約定したのが「123.235円」だったりすることがあります。

これが注文したレートと約定したレートに差が発生する「スリッページ」と呼ばれる現象です。

上記のようなスリッページが起きた場合、1銭差が出るわけですから換算すれば100円です。100円損した計算になります。基本的にスリッページが起こるのは「成行き注文」です。指値注文ではおきません。
【なぜスリッページが起こるのか…?】
大きく分けると2つあります。
(要因1)FX会社の約定力不足でサーバーやシステム等の容量不足
     ⇒注文が殺到した際のFX会社側の容量の問題でスリッページが起こる。
(要因2)お客様側のネット環境
     ⇒例でいうと光回線とADSLでは明らかにネット速度が異なり
      結果的にスリッページを引き起こす可能性があります。 対応するサーバー

結論的には、お客様側のネット環境が原因であれば対処することは可能なのですが…
もし、FX会社側の原因でスリッページが起こるとするのであれば、これはどうにもなりませんよね…

つまり、スリッページの少ない会社、約定力が高いFX会社を選択することが重要です。
【現在の人気あるFX会社はどこ…?】
取引量 DMMFX GMOクリック証券矢野総合研究所調べによると以下の通りです。右記に記載するのは2015年3月の取引高です。

1位と2位がダントツの取引高です。
こちらはスプレッドが提供する通貨ペアに関しては業界最狭水準になっています。やはり、お客様の関心度はスプレッドなんでしょうか。

もし、取引している会社で明らかにスリッページが頻繁に見受けられるのであれば、約定力のある会社にした方がストレスなく取引が出来るかと思います。
HOME個人情報の取り扱いについて特定商取引表記運営者
■運営者:株式会社トレードタイム
■所在地:神奈川県横浜市都筑区中川中央1-23-10 4F
■連絡先:045-532-8390